通訳 > 通訳

通訳

通訳の仕事は特に説明する事もなく分かるとは思いますが、簡単に説明したいと思います。

通訳の仕事は、異国語を話す国際会議などでイヤホンを通し同時通訳を行ったりします。通訳の難しいのは、相手の話していることをニュアンスを変えずに性格に通訳しなければならない事です。

日常会話であればそれほど難しくなく通訳することはできますが、専門的な職業の通訳になると、専門用語などがたくさん出てきますので、前もって専門用語の勉強や、だいたいの仕事内容の把握をしている必要があります。単に外国語が通訳できれば出来る仕事と言うわけではありません。

それでは通訳になるには、何の資格が必要なのでしょうか。

実は通訳になるのに資格は必要ありません。ただ、通訳技能検定試験の2級以上に合格すると通訳士の称号が与えられるため、就職に有利になります。もしも本格的に通訳を目指すのであれば、こちらの資格の取得方法をご参照ください。

・大学で同時通訳者になるためのコースを修了
・通訳派遣会社の養成所で、同時通訳者になる為の訓練を受ける
・専門学校で同時通訳者になる為の勉強をする
いずれかが終了し、
・ボランティア通訳検定試験のB級、A級に合格
その後、
・通訳技能検定試験2級、1級に合格し、通訳士の称号を取得する

それでは通訳の給料はどうでしょうか。

給料はキャリアによって異なりますが、通訳で日給2~3万円、同時通訳で7~10万円位が相場なようです。またフリーになれば、年収1200~1500万円も夢ではないようです。しかし通訳の資格をとりフリーになったものの、仕事がなければ意味がありません。通訳を必要とする企業にコネがあれば仕事を得ることは出来ますが、全くコネがなければよほど実力がない限りフリーになっても高収入を得ることは難しいようですね。

また通訳関連とした仕事に、通訳ガイドの仕事もあります。
主に外国人の観光者を通訳しながら案内するものです。通訳ガイドは、通訳としての能力も必要ですが、観光案内地の歴史や詳細を知らなければガイドが行えません。その為観光に関する幅広い知識も必要になってきます。

通訳ガイドの日給は、2~3万円程度です。
日勤の仕事が難しい方には向いている職業かもしれませんね。