トリマー > トリマー

トリマー

ペットブームの昨今、トリマーに自分のペットを綺麗にしてもらう人も少なくないと思います。

さてトリマーとはどんな仕事をするのでしょうか。
簡単に言うと、ペットの美容室のようなものです。
私たちが美容室に行って、シャンプーやカットをしてもらうように、ペットのシャンプーやカットなどを行います。
ただ人間の美容室と違うのは、カット以外にも爪切りや耳かき、健康状態のチェックなどをする事です。これもトリマーの仕事です。

それではトリマーの仕事をするのに、資格は必要でしょうか。
トリマーの仕事をするのに、必ず必要な資格というのはありません。
しかしトリマーとして働くのであれば、持っておきたい資格はあります。

それは、(社)ジャパンケネルクラブ公認資格です。
C級、B級、A級、教士、師範とランク分けされた資格です。

トリマーの仕事をするには、
・トリマーの養成校で勉強
・ペットショップ、トリミングサロンなどで見習いとして働く
・トリマーをしている人の下で実務経験を積む
以上の方法があります。
基礎から勉強したいのであれば、学校で学んだ方が良いと思います。

それでは気になる給料ですが、初めの2~3年は一般企業の給料より低めと考えてよいでしょう。
しかし、お客さんがどんどんついていくと給料も上がりますし、トリマーとして独立することも可能です。
自分のトリマーとしての腕次第で給料は大きく変わります。

最後に、トリマーの仕事は動物と触れ合えて楽しいイメージがあると思います。
しかし実際には、動物だけでなく飼い主ともコミュニケーションをとっていったり、トリミング後の毛が散乱していたりと、意外なギャップを感じる人も少なくはないようです。
良い面ばかりに目を向けるのではなく、汚い面にも目を向けてしっかり考えましょう。