ツアーコンダクター > ツアーコンダクター

ツアーコンダクター

春といえば花見、夏といえば海、秋と言えば紅葉、冬と言えばスキーなど、各シーズンともイベントが満載です。

しかし意外と交通費が高づいたり、スポットが分からない等個人で行くと難しいところもあります。

そんな時に便利なのが、旅行会社のツアーです。
かなり格安だし、迷う必要もなく、しかも穴場に連れて行ってくれたりといい事ばかりです。

ツアーに参加したことのある方はわかると思いますが、ツアーにはツアーコンダクター(添乗員)が同行します。
ここでは、ツアーコンダクター(添乗員)の資格・仕事について説明します。

ツアーコンダクター(添乗員)の仕事は、ツアー参加者の旅行を計画とおりに進行していくことです。食事やホテルの手続きから、移動手段などツアー参加者が満足できるたびのお手伝いをします。また海外旅行では、盗難やパスポートの紛失、急病などにも対処していきます。
最近では、ツアーコンダクター(添乗員)がある程度の観光案内なども行います。

ツアーコンダクター(添乗員)になるには、どんな資格が必要なのでしょうか。

ツアーコンダクター(添乗員)の資格には、「総合旅程管理主任者」と「国内旅程管理主任者」の2つの資格があります。
「総合旅程管理主任者」は、国内・海外の旅行に添乗できるが、「国内旅程管理主任者」は、国内旅行のみの添乗となります。

ツアーコンダクター(添乗員)の資格を取るには、旅程管理研修(総合・国内)を受講した後、旅行業法で定められた実務経験を積みます。
その後、「旅程管理主任者」の資格を取得します。

ではツアーコンダクター(添乗員)の給料はどのくらいでしょうか。
事業所によっても異なりますが、初任給で16万円前後と考えてよいでしょう。
その他手当てとして、添乗場所により出張費なども出るようです。
経験を積めば月収30万円も可能です。

大変な仕事ではありますが、旅行好きな人には向いた仕事です。