キャビンアテンダント > キャビンアテンダント

キャビンアテンダント

女性の憧れの職業の上位にくるスチュワーデスです。ここ数年で呼び名が変わり、キャビンアテンダントや客室乗務員、フライトアテンダントなど様々な呼び名があります。

キャビンアテンダントの仕事は、緊急時の乗客の誘導、機内食・雑誌・毛布などの配布、機内アナウンス、機内販売、急病の乗客のお世話など多岐にわたります。
海外線などは長時間に及ぶフライトですので、乗客が快適に過ごされるよう心配りが必要な仕事です。

キャビンアテンダントになるには、どんな資格が必要でしょうか。

キャビンアテンダントには資格は必要ありません。しかし専門的な知識が必要になりますので、以下をご参照下さい。
①1~2年制の専門学校(エアライン科)を卒業
②短大や4年制の大学に通いながら、養成学校に通う
③一般企業で働きながら、養成学校に通う
いずれかを経て、航空会社の採用試験を受けます。
航空会社に入社後、新人研修を受け、キャビンアテンダントとして活躍していきます。
しかし競争率の高い職業なだけに、キャビンアテンダントになるのは難易度は高いです。

また、キャビンアテンダントに資格は必要ありませんが、乗客には外国人もいますので、英語が出来ると有利です。

ではキャビンアテンダントの給料はどのくらいでしょうか。

キャビンアテンダント給料は、航空会社により大きく違ってきます。
日本の某航空会社が年収600万円に比べ、外国の某航空会社は年収300万円程度と約半分となっています。

初任給はだいたい20~30万円で、フライト場所によっても給料は異なってきます。
不景気の影響もあり徐々に給料は下がっているようですが、他職業に比べるとまだまだ高水準と言えます。