システムエンジニア > システムエンジニア

システムエンジニア

ちょっと素敵なヒビキのSEことシステムエンジニア。
ものすごくこのヒビキが好きなのは、私だけでしょうか(^^;)
まぁ自分の苦手分野の仕事だから、かっこよく聞こえるのかもしれません。

話はそれてしまいましたが、SE(システムエンジニア)の仕事は、どんな仕事をするのでしょうか。

SE(システムエンジニア)の仕事は、コンピュータシステムの設計が主な仕事です。
例えば企業で商品管理をする際など、パソコン処理を行いますよね。
その商品管理のプログラムを設計するのが、SE(システムエンジニア)の仕事なのです。
いってみれば、パソコンのスペシャリストですね。

SE(システムエンジニア)は、コンピュータの知識が必要なのはもちろんですが、新しいソフトの開発など柔軟な志向性も必要となります。

それではSE(システムエンジニア)になるには、どんな資格が必要でしょうか。
SE(システムエンジニア)になるのに、資格は必要ありません。
コンピュータ会社に就職し、プログラマーとして実務経験を積んでいきます。
その後、SE(システムエンジニア)として仕事をしていきます。

しかしいくらSE(システムエンジニア)になるのに資格が必要ないとはいえ、かなり難易度の高い職業ですので、資格を取っておくと役に立ちます。
マイクロソフトのMCP
オラクルマスター
ソフトウェア開発技術者
アプリケーションエンジニア
テクニカルエンジニア
などの資格を取っておくと、SE(システムエンジニア)になるのに有利になります。

さて気になるSE(システムエンジニア)の給料ですが、だいたい30歳代前半で年収400万円、30歳代後半で450万円程度が妥当なようです。
もちろん優秀なSE(システムエンジニア)にはもっと高い給料の人もいるようです。