理学療法士 > 理学療法士

理学療法士

理学療法士はフィジカルセラピストと言い、またPTと言われたりもします。

理学療法士とはどんな資格なのでしょうか?

理学療法士は、身体に障害のある者に対し、運動療法や物理療法やマッサージ等にてアプローチしていく仕事です。
骨折などをした後リハビリを経験した事のある方もいらっしゃるとは思いますが、そのリハビリをするのが、理学療法士です。

では理学療法士の資格を取るにはどうしたらよいのでしょうか?

理学療法士の資格をとるには、
・大学理学療法関連学部(4年)
・短大理学療法関連学部(3年)
・理学療法士養成施設(昼3年、夜4年)
いずれかを卒業の後、理学療法士国家試験に合格すると理学療法士の資格がとれます。

理学療法士国家試験は年々合格率が下がってきていますが、しっかり勉強していればそれほど難しい国家試験ではありません。

次に給料はどんな感じなのでしょうか。

職場によってまちまちですが、月収20万円前後が妥当なラインです。
ただ地方の介護施設などでは人が集まらず、月収30万円位のところもあります。
若いうちは大きな病院で多くの症例を診たほうが勉強になりますので、どうしても維持期になる介護施設には人が集まりにくいようです。

しかし理学療法士の醍醐味は給料面だけではありません。
病気や障害が回復して元気になっていく姿を一緒に体感できる喜びがあります。
私も理学療法士をやっていますが、明らかに前より良くなっているのが目に見えると嬉しいものですよ。