秘書 > 秘書

秘書

秘書の資格はよく耳にしますが、秘書はどのような仕事をしているのでしょうか?

簡単に秘書の仕事内容を説明すると、上司が上司の仕事をスムーズに行えるよう配慮するのが秘書の仕事です。
スケジュール管理、文書作成・管理、来客の対応、電話・接遇、その他雑用が秘書の仕事だと思ってよいでしょう。

秘書がつく上司と言うと、重要な位置についており多忙な人物です。そのような人の片腕となるわけですから、バリバリ働けるよう様々な資格が必要となります。

では秘書の資格をとるにはどうしたらよいのでしょうか?
秘書の資格をとるには、「秘書技能検定」を受験し、合格しなければなりません。
これは、短大の秘書科、専門学校の養成校、通信教育、独学での勉強方法があります。
「秘書技能検定」には、3級から1級がありますので、徐々に上の急を目指すのが良いですね。
もし秘書のスペシャリストを目指すのであれば、準1級以上の資格を持つのが良いでしょう。しかし準1級以上は独学では少し難しいと思いますので、秘書の養成学校に入学するのが合格への近道かもしれません。

気になる収入ですが、企業によっても異なってきます。例えば外資系の企業で10年以上の実務経験があれば、年収700~1000万円以上も期待できます。