ファイナンシャル・プランナー > ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャル・プランナーと時々耳にすることがありますが、ファイナンシャル・プランナーの資格とはどのようなものなのでしょうか。

簡単に説明すると、資産設計をアドバイスする専門家のことです。
貯蓄計画・資産運用・保険対策・相続対策・不動産の有効活用と、かなり広くの知識が必要となります。
また誰でも同じアドバイスをしても意味がありません。
お客さん1人1人のライフステージにあわせたアドバイスが必要になります。

ファイナンシャル・プランナーの仕事に就くにはどうすればよいのでしょうか?

専門学校などで勉強したり、ファイナンシャル・プランナー業務に従事します。
そしてファイナンシャル・プランニング技能検定の2級3級に合格すれば、ファイナンシャル・プランナーとして働くことができます。

ファイナンシャル・プランナーとして働きだしても、ファイナンシャル・プランニング技能検定の1級や、AFP資格やCFP資格を取っていけば、日本だけでなく世界でファイナンシャル・プランナーとして働くことも可能です。

ではファイナンシャル・プランナーの給料はどんなものでしょうか?

ファイナンシャル・プランナーの年収は、300~2000万円と大きな差があります。
この差はいったい何なのでしょうか?
これは、独立してたくさんの顧客がついた場合と、企業に就職した場合での金額の違いです。就職なら安定はしているがそれ程給料が高いというわけではありません。逆に独立した場合、安定はしていないものの、顧客がたくさんつけば年収が上がるという訳です。

どちらが良いかは個人にお任せです。
もしも年収500万円以上を望むのであれば、独立しなければ難しいですね。
努力次第では年収が高くなる夢のある仕事ではありますね。