栄養士 > 栄養士

栄養士

栄養士の仕事はどんなものでしょうか。

栄養士と言うと調理をしている人のように感じてしまいますが、栄養士の仕事は調理というよりは、その管理に当たる方だと思って下さい。

例えば、給食センターなどの調理の指導・献立作成などをはじめ、行政活動で市民の健康管理や栄養改善指導をしたりするのも栄養士の仕事です。
その為、仕事場は調理センターや病院や行政が主ですが、最近ではダイエット思考の人が多く、フィットネスクラブ等での栄養相談なども行うようです。

それでは栄養士の資格を取るにはどうしたら良いのでしょうか。

栄養士の資格を取るには、厚生労働大臣が指定した栄養士養成施設を卒業する必要があります。卒業と同時に栄養士の資格が取れます。

また管理栄養士の資格をとるには、
①栄養士の資格を取得した後、所定の施設で3年以上栄養指導に従事
②3年制の栄養士養成施設で栄養士の資格を取得し、所定の施設で2年以上栄養指導に従事
③4年制の栄養士養成施設で栄養士の資格を取得し、所定の施設で1年以上栄養指導に従事
④4年制の管理栄養士養成施設で栄養士の資格を取得
①~④のいずれかで、管理栄養士の資格受験資格が得られます。

気になる栄養士の給料ですが、もちろん事業所により増減がありますが、初任給で16万円弱程度と考えて良いでしょう。