ケアマネジャー > ケアマネジャー

ケアマネジャー

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、介護保険の要支援・介護認定を受けている方の心身機能や生活環境を調査し、ケアプランを作成する仕事です。その他、介護サービス提供事業者と施設の連絡や、主治医と連絡を取り合い要支援・介護者が適切なサービスを受けられるようにしていきます。

ケアマネジャー(介護支援専門員)はかなり専門的な知識が必要ですし、ケアマネジャー(介護支援専門員)の力量次第で要支援・介護者の生活状況が大きく変わってしまうと言ってもよいでしょう。

それではケアマネジャー(介護支援専門員)の資格をとるにはどうしたら良いのでしょうか?

・保健・医療・福祉分野で5~10年以上の実務経験を積む
 (医師・看護師・社会福祉士・介護福祉士・理学(作業)療法士の資格を持っているものは5年以上でよい)
・介護支援専門員(ケアマネジャー)実務研修受講試験を受験し合格する
・介護支援専門員実務研修を受け、終了証が交付される

以上で介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格が取得されます。

介護福祉施設などで働いていると、半強制的に資格を取らせる職場も結構あるようですね。私も理学療法士をしていますので、そろそろ介護支援専門員(ケアマネジャー)の試験を受けろとの通達がきそうです(^^;

収入面ですが、事業所によってかなり違ってきます。
2009年度は初めての介護保険のプラス改定であると言われていますが、あまり給料に反映しそうにはありません。事業所にもよりますが、月給が17~30万円位だと言われています。平均として25万円前後でしょうか。介護士に比べると給料が高いので、介護士から介護支援専門員(ケアマネジャー)に転職する人も多いようです。

介護支援専門員(ケアマネジャー)は、要支援・介護者本人はもちろん、その家族とも関わりが必要になってきます。人間関係で大変な面もありますが、やりがいのある仕事です。